シェフが教える淡竹(ハチク)のタケノコの下ごしらえがとても簡単

  • 05, 24, 2015
  •  つぶやき
  • シェフが教える淡竹(ハチク)のタケノコの下ごしらえがとても簡単 はコメントを受け付けていません。

ハチク(淡竹)20150516

ちょうどタケノコの時期も終わりに近づき、いまはこの淡竹(ハチク)のタケノコだけとなりました。

「でも、タケノコって、下ごしらえが大変なんでしょ?」

という疑問をお持ちのあなたのための記事です。
ものすごく簡単でわかりやすいハチクダケの下ごしらえです。

淡竹01

まずこのハチクダケを包丁で縦に切ります。
すると、こんな感じになって、皮がむけるようになります。

淡竹02

皮がむけました。

淡竹03

次に、固めの節の部分を捨てます。
包丁を当てると、すぐにわかります。
硬い部分は、ざくっという手応えがありますし、柔らかい部分はなんの手応えもなく、包丁の刃が入っていきます。

淡竹04

下の方を味噌汁の具に、上の方をたけのこご飯にしてみましょう。
下の方は薄めにまっすぐスライス。
上の方は斜めに切ってみました。

淡竹05

味噌汁は、お湯を茹でるときに、タケノコを入れるだけ。
美味しい出汁が出ます。

淡竹06

淡竹は、孟宗竹に比べてアクはあまりありません。
ですから、今回はアク抜きせずにそのまま使っています。
まずは、アク抜きなしに調理してみてください。

それでも、どうしてもアクが気になるという方は、コメのとぎ汁などで茹でる方法があります。ゆでた時に出てきたアクを吸い取るためのゆで汁なので、ただ小麦粉をといてアク抜きすることもできるそうです。

Comments are closed.